どんな気分で、どんなときにツーショットしたくなるのでしょう?

ツーショットダイヤルというサービスが根強い人気を保っている理由

見知らぬ男女が電話で繋がって、テレフォンセックスするもよし、またはそのまま発展してデートするもよし…。
それが、ツーショットダイヤルというサービスが根強い人気を保っている理由です。
しかし、実際のところツーショットダイヤルのユーザーたちは、どんな場合や気分で、いつ使っているのかが知りたいと思いませんか? もちろん、ムラムラが溜まって誰かと会ってHがしたいという欲望を持っているときにテレクラの広告が目に入り、衝動的にツーショットダイヤルを利用してしまうユーザーももちろんたくさん存在すると思いますが、そのような衝動的で、突発的に利用するユーザーは、そもそも性衝動を抑えられないから利用してしまう、さらに特殊な性癖を持った男性が、例えばレイプなどの犯罪に陥っていまわないように電話で性処理ができるよう促している場合もあります。
そうです、つまり社会貢献度の高いツーショットダイヤルすら存在するといえるのです。
でもそれだけが魅力で、ツーショットダイヤルを長く利用するユーザーになる可能性はそんなに高くないと言えます。
どちらかと言うと「やりたい」性衝動だけで突っ走るというよりも、なんとなく寂しかったりして人恋しいときや、もしかしたら電話で出会ってその後何かあるかもしれないという妄想的な期待や、特に女性はツーショットダイヤルという怪しい感じのするコミュニケーションツールを利用しようとしている背徳感で利用し、明るいポジティブな気分というよりはどこか孤独な状態から、ユーザーたちがたどり着く可能性が高いように見えます。

ツーショットダイヤルというサービスが根強い人気を保っている理由出張先では必ずツーショットにハマり切ってしまうツーショットダイヤルを最大限楽しむコツ

ツーショットダイヤルジャンル別ツーショットダイヤル一覧【テレクラぜいたく情報局】